トップページ > 光脱毛 自己処理

光脱毛の施術を受ける時の自己処理はどれくらいすべき?

光脱毛は脱毛サロンで行われる脱毛施術ですが、施術前には事前に脱毛部位の自己処理が必要です。
面倒ではありますが、雑に自己処理を行い脱毛サロンに向かうとシェービング代金が余計に必要となったり、処理できていない部分を避けて照射されることで脱毛効果が得られなかったり、処理が至らない部分が広範囲の場合にはキャンセル扱いになることもあります。
脱毛サロンで施術される人気のコースは全身脱毛コースであり、ムダ毛処理部分は身体の3分の1となっているためかなり広い範囲を一度に自己処理しなければなりません。
自己処理が甘いとサロンに判断されるのはムダ毛が長い状態です。
明らかに脱毛部位の自己処理を忘れている場合には施術を受けることができない場合もあります。
毛が濃い人は予約日の前日の自己処理が適正なタイミングです。
自己処理が甘いと判断された場合にも困らないように施術の際には、顔用のシェーバーや電気シェーバーを持参することもスムーズに施術するためのポイントとなっています。
カミソリは深剃りできる分、肌の角質も一緒に削り取るため肌の乾燥の原因にもなり肌が乾燥していると施術時の痛み強くなるため、シェーバーでの自己処理がおすすめです。
ムダ毛が伸びることを気にして当日に自己処理するのも危険な行為となっています。
当日に自己処理をすることで肌が赤くなったり毛穴が炎症を起こしたりすると施術できなくなる場合があるからです。
顔やVライン・Iラインなどデリケートな部分は自己処理による炎症を起こしやすい部分でもあるため、施術日前日に処理するようにしましょう。
光脱毛での全身脱毛施術の場合は、自己処理も脱毛部分全てにおいて必要となります。
顔やワキ・腕や脚・お腹やへそ周り・背中・VIOはもちろんのこと、足や手の指・甲の部分は忘れやすい部分でもあるので注意が必要です。
自分で処理しにくい脱毛部分に関しては、電気シェーバーを脱毛サロンに持参することでスタッフさんが処理してくれます。
えりあしや背中・腰やお尻・Iライン・Oラインンなど自分で確認しづらい部分も無料で対応してくれる脱毛サロンもあるので安心です。
脱毛サロンでシェーバーを購入することもできますが非常に高価となっていますので忘れず持参することをおすすめします。
光脱毛での理想とされるムダ毛の長さは2ミリ程度であり、肌トラブルが無い状態が理想です。
脱毛施術の際に5ミリ以上のムダ毛があると施術を受けられない場合が多いとされています。
1回目は丁寧に対応してもらえても2回目からは自分でできる部分は処理してもらえないという脱毛サロンは多く、スタッフさんによってはダメだしされることもありますので時間をかけて自己処理を済ませてから脱毛施術に向かうことが重要です。