トップページ > 銀座カラー 医療脱毛

銀座カラーのフラッシュ脱毛と医療脱毛の脱毛効果、費用、痛み、などを比較

銀座カラーはフラッシュ脱毛という施術方法であり、医療行為が認められていない脱毛サロンとなっています。
銀座カラーが使用する脱毛機器はIPLという光とジェルを使用して毛根細胞にダメージを与えて抑毛効果を得る脱毛方法です。
医療脱毛は、その名の通り医療行為であり威力の強いレーザーをダイレクトに毛根に照射し毛根細胞を破壊することで脱毛効果を得る方法となっています。
銀座カラーの脱毛プランは、脱毛し放題コースがメインとなっており支払いプランは総額一括払いの制度と総額料金の分割払いとなる月額制です。
全身+VIOの脱毛コースが新・全身脱毛プランというコースでリーズナブル脱毛コースが1年間で脱毛できる回数は6回、スピードコースは1年間で脱毛できる回数が8回となっています。
新・全身脱毛プランのリーズナブル脱毛は総額197650円の月額は6500円となっており、スピードコースは総額295000円の月額9800円です。
医療脱毛であるレジーナクリニックの全身+VIOの脱毛コースは5回コースとなっており、総額は273000円で月額は9200円となっています。
部位脱毛やお試し脱毛ではワンコインから施術可能なのが銀座カラーのような脱毛サロンの特徴であり、医療脱毛は自由診療であることからクリニックによって料金設定は違い施術費用も高額です。
フラッシュ脱毛で脱毛効果を実感できる施術回数は平均として6回目頃となっており、脱毛効果に満足できる回数としては約12回〜18回となっています。
脱毛効果に満足できるまでの期間としては約2年半〜3年が必要です。
医療脱毛は威力の強いレーザーを使用することから脱毛効果も非常に高く、脱毛効果を実感できるようになるのは約3回目頃で脱毛効果に満足できるのは5回〜8回となっており、脱毛効果に満足できるまでの期間は約1年〜1年半となっています。
施術による痛みは、レーザー照射の出力レベルや照射部位によって異なるのですが銀座カラーのフラッシュ脱毛は医療行為を認められていないため照射出力は20ジュール以下と定められており、医療脱毛はレーザー照射出力が60ジュールとなっています。
医療脱毛の照射レベルが60ジュールの場合、照射温度は約120℃となっておりピストル銃のような勢いでバチバチと照射することからゴムで弾かれるような痛みを伴う脱毛方法です。
フラッシュ脱毛は照射出力が弱いことから脱毛効果は低くなるのですが、肌へのダメージや施術時に感じる痛みを大幅に軽減することが可能な脱毛方法となっています。
時間がかかっても痛みを感じずに施術を行いたい方には銀座カラーがおすすめで、痛みが強くても施術費用が高額なってもすぐに脱毛効果を実感したいという方には医療脱毛がおすすめです。