トップページ > 銀座カラー 痛み

銀座カラーの施術時の痛みはどのくらい?

脱毛サロンやクリニックでの脱毛施術は、カミソリやシェーバーによる自己処理に比べると痛みを伴うムダ毛処理方法となっています。
銀座カラーでの脱毛施術での痛みに関する口コミでは施術部分によっては痛みを感じたという口コミが多く、特に痛みを感じるのはデリケートな部分でもあるVIOの部分です。
銀座カラーの脱毛器はメラニン色素に反応して光を照射する施術方法であることから、太く濃い毛の密集している部分であり、毛根がしっかりしているVIOはメラニンに強く反応するので、他の部位よりも脱毛効果が高いものの施術時に感じる痛みが非常に強くなります。
銀座カラーは光とジェルを使用して施術する光脱毛またはフラッシュ脱毛といわれる脱毛方法であり、医療行為が認められていない脱毛サロンによる施術となるので照射出力は20ジュール以下と定められているためレーザー脱毛に比べると痛みが軽いのは特徴です。
銀座カラーで使用されている脱毛器はIPLという方式で、毛が太い部分や密集している部分には強い痛みを感じやすくなります。
痛みの口コミで多く見られるのが、施術初回は痛みを感じなかったけど2回目からの施術で痛みを感じるということです。
照射施術1回目は、初めて脱毛する人のために照射出力を抑えて肌の状態を確認したりお客様の状態を確認しながら施術を行うのですが、施術2回目からは脱毛効果を上げるために照射出力を上げるため施術時に感じる痛みが強くなります。
そのため、1回目では痛みを感じなかったのに2回目の施術では痛みを感じたという方が多いです。
痛みを感じた場合でもスタッフに申し出る事で痛みを軽減することはできます。
銀座カラーでは、お客様の毛の量や毛質・肌質のアンケートや施術のデータから痛みに耐えられるであろう照射出力を設定して施術してくれるようです。
施術時に痛みを感じた場合には照射出力を下げたり、冷却ケアをしたり、施術を一旦止めたりという対応をしていただけます。
光脱毛の痛みの感じ方は施術部位やその人の感じ方によって違いますので、同じ照射レベルでも痛みを感じる方もいれば全く痛みを感じない方もおられる脱毛方法です。
銀座カラーはお客様の契約プランの回数内にしっかりとした脱毛効果を実感していただけるようにアンケートやデータからお客様だけの施術プランを計画しており、脱毛効果に満足していただきたいからこそ痛みを我慢できるかできないかのギリギリの出力レベルにて施術をします。